白髪染め リンス

染めてから7日間放置すると・・・

しっかり染まったことを実感しましたので、色味がどのくらいの日数持つのか検証してみました。

1週間前と比べて変わったことと言えば、手触りと白髪の目立ち具合です。


手触りは、新しく生えてきた髪の毛のあたりはつるりとしていますが、

毛先の方に行くほどにざらざらしてきます。


トリートメントを続けて得られたつるつる感は、止めてしまうと持続しないようでした。

でも、頭頂部は、ルプルプを始める前よりも髪がきれいになったような気がします。


これは、ルプルプに含まれる天然トリートメント成分、ダブルフコイダンが浸透しているおかげかな、と思います。


他にも、天然色素など、髪にとって害のなさそうなものが使われているので、

「もしバサバサになったらどうしよう…」といった、

市販の白髪染め(ヘアダイ)に持つような心配をしなくていいのが良いですね。


色味については、白髪の色味はだいぶ落ちていました。

以前白髪染め(ヘアダイ)をしていたので、少し残った白髪の色味はヘアダイのせいなのか、

ルプルプなのかは判断できませんが、1週間経てば、初めの頃の状態に戻るということがわかりました。


面接対策などの少しの期間だけ、色味を暗くしたいときにも使えそうです。


1週間前と比べて変わったことと言えば、手触りと白髪の目立ち具合です。

さらに14日間放置すると・・・

7日間放置をしてみましたが、もしかしてこれ以上落ちたりするのかな…?

という好奇心から、さらに1週間放置することにしました。


以前まで2週間に1度行っていた白髪染め(ヘアダイ)も、ファッションカラーも全てお休みしています。


今日初めて、ルプルプを始める前の髪の毛の状態を撮った写真と、

ルプルプを止めてから2週間経った状態で髪の毛を撮った写真を比べてみました。


明らかな違いはひとつ、7日間放置しちゃいました・・・でもお伝えしましたが、「つるつる感」に他なりません。


写真を見てみると、

ルプルプを始める前はパサパサしていた髪が、つるつるとして落ち着いているのを実感できました。


今回は、普段はしない白髪染め"トリートメント"を実践してみたことで、

髪の毛に対する意識が変わった気がします。シャンプーひとつにしても、ノンシリコンのものを選んだり、

保湿成分が配合されているものを選んだり、髪の毛のためになるものを選ぶようにしています。


ルプルプを少しお休みしてしまった分、髪の毛は乾燥状態になってしまっているかもしれないので、

しっかりトリートメントして、Wフコイダンや天然成分をしっかり入れてあげたいと思います。


これからもルプルプで、髪のケアをがんばります。


2週間放置するとこんな感じになります。思ったよりつるつる感が残っています。

 ルプルプ染まり具合のまとめ

リンス感覚の白髪染めヘアカラートリートメント【ルプルプ】メニュー